私たちは喜劇(コメディ)の劇団です。

テアトル・エコーとは

  • HOME »
  • テアトル・エコーとは

その昔、テアトル・コメディという異色の劇団がありました。

うら若き長岡輝子さんたちを中心に、昭和6年から11年まで、フランス喜劇を上演し続けたグループでした。そのメンバーの一人、さわやかな二枚目の北沢彪さんを囲んで、敗戦後の昭和25年、若い連中が朗読の勉強会を始めました。

「やまびこ会」の誕生です。やがて、ただの勉強会にはあきたらず、劇団活動を開始。彪さんは「やまびこ会」をヨコ文字にして「テアトル・エコー」と命名して下さった。

当時新進気鋭の作家キノトール氏の作品など、生きのいい喜劇を中心に活動を続けましたが、資金難から解散の危機を迎えます。そこへ駆けつけたのがコメディ好きの仲間たち、「やめるなよ、一緒にやろう」と昭和31年9月1日、それまで劇団をころがして来た梶哲也のお宅に、19人の同志が集って大いに気焔をあげ、新しい第一歩が始まりました。この船出の日から数えて、2006年が50周年なのです。

50年…いろんなことがありました。当時のまだ若かったテレビは、若い僕たちに仕事の場を与えてくれました。いろんな人と会えました。仲間がだんだんふえました。

昭和30年代ののんびりした原宿に稽古場を借りましたが、東京オリンピックの道路拡幅工事で追い出され、まだ大正のにおいの残ってた恵比寿に移転。昭和45年、定員79の忍者屋敷のような豆劇場を建設。

キノトール氏が大人の風格で僕らの柱になってくれました。井上ひさしさんとは抱腹絶倒のコメディを、酒井洋子さんにはニール・サイモンの面白さを教えて貰いました。新人作家もここで育ちました。

そして、平成4年、僕たちの城、ここ、恵比寿エコービルが生まれました。歩きつづけて50年。その間、大切な何人もの同志を失いましたが、若い力強い仲間もふえております。

テアトル・エコー、今後ともよろしくお願い申し上げます。

熊倉一雄                    
2006年9月(「50周年記念パンフレット」より抜粋)

 

私たちのモットー

わが国では、長い間、
喜劇が好まれませんでした。
一段程度の低いもの と、いやしめられて来ました。
私たちは、“喜劇”こそ現代を映し得る演劇と信じ、
喜劇の復権を目指します。

 

株式会社テアトル・エコー

〒150-0011 東京都渋谷区東3-18-3
TEL:03-5466-3311

PAGETOP
Copyright © テアトル・エコー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.